3月27日 久しぶりの映画鑑賞で思ったこと

  • 2017.03.27 Monday
  • 11:00

 

 

18日付けの新聞で、今まで日本の女子大学はトランスジェンダーの学生を受け入れていなかったことを知りました。

2015年に、将来日本女子大付属中学校に入学したいのだが、という相談が寄せられたことから、2016年8月から学校関係者による議論が重ねられて、まず大学が受け入れるかどうか新年度から検討を始めることになったそうです。

 

Per la artikolo de iu landa ĵurnalo en la 18a mi eksciis, ke japanaj universitatoj por virionoj ne akceptas tiujn, kiuj naskiĝis vira, sed volas vivi kiel ino.   En 2015 tia knabino demandis, ĉu ŝi povos lerni en la mezlernejo de Virina Universitato de Japanio.  La koncernatoj de la lernejo konsiliĝis kelkfoje kaj decidis, ke la respondeculoj de la universitato komencu ekzameni de la venonta aprilo, ĉu ili akceptos tiujn knabinojn kiel studentojn en sia universitato.    

 

 

その記事によると、日本ではLGBTなどの性的少数者は全体の7.6%とのこと。

予想よりずっと多い数字で、ちょっと驚きました。

ところで、この記事が目に留まったのは、つい先日「彼らが本気で編むときは」と言う映画を見てきたからです。

 

Laŭ la artikolo homoj kun LGBT vivas je 7.6% en japanio.   La cifero surprizis min, ĉar ĝi estas pli granda ol mia antaŭsupozo.  Nu kial la artikolo trafis miajn okulojn?  Ĉar kelkajn tagojn antaŭe mi spektis filmon "Kiam ili fervole trikas" temanta pri tiuj homoj.

 

http://kareamu.com/about/story.html

 

 

普通の女性として在りたいと強く願っているトランスジェンダーの主人公リンコは、ごく当たり前に仕事をし、家庭生活を送っています。彼女が実にけなげなのです。演じている生田斗真は評判通り、素晴らしかった。

 

La heroino nomata Rinko, transgenerulo, kiu volas labori kaj vivi tute nonrmale kiel ino.  Ŝia konduto estas favora kaj tre kortuŝa, kaj La aktoro IKUTA Touma luldis tiel bone kiel oni diras.  

 

 

リンコのパートナー、マキオの姪で、彼らのところに身を寄せる女の子、ともを演じている柿原りんかの好演も光っています。

もちろん脇を固めている俳優陣もとても素晴らしくて、話の展開にすっかり引き込まれてしまいました。

 

La eta aktrino KAKIHARA Rinka, kiu ludis ankaŭ tre bone la knabinon Tomo, kiu devis hazarde ekvivi kun sia onklo de Makio, la partonero de Rinko.  Kompreneble aliaj aktoroj ol ili estis tre bonaj, kaj la rakonto tute alogis min. 

 

 

映画を見て、性的少数者が生きづらい世の中であることを改めて知りました。

でも、もし身近な人にカミングアウトされたら?私だったら動揺してどう対応したらいいかわからなくなるかもしれません。

自分を恥じながら思うに、共存することが当たり前の社会になったら、みんながよけいなストレスを抱えなくて済かもしれません。

 

Spektinte la filmon mi denove sentis, kiel tiuj homoj vivas malfacile. 

Sed se iu konato konfesos al mi, ke tiu estas unu el LGBT, kion fari!  Verdire mi konsterniĝos. 

Mi pensas kun honto, ke se ĉiuj homoj vivus egale, neniu havus ĉi-supran streson. 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 11:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    その映画の事は初耳でした。まだ横浜での上映予定がないようですが、関心を持って見守ってみようと思います。本当に日本はまだまだ遅れている点がありますね。情けない事ですが当事者が扉をたたかない限りいつまで経っても開かないでしょう。。。
    • Sayuri
    • 2017/04/05 8:19 PM
    sayuriさんも、もし機会があればぜひどうぞ!

    私も新聞などで最近話題にはなっているけれど、実際にはまったく別の世界のことのように思っていました。
    映画はいくつか山場がありますが、全体としてはかなり抑えたトーンです。
    なにせ主人公のリンコのいじらしさに目頭が熱くなります。
    時には映画鑑賞もいいものだと思いましたよ。
    • koharu
    • 2017/04/05 9:06 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM