9月9日 マーちゃん、お空へ(7日)

  • 2014.09.09 Tuesday
  • 23:10


とうとう悲しくつらいお知らせをしなくてはなりません。
マーは6日の夕方から息がだんだん早くそして弱くなって時々昏睡状態になりました。

Finfine mi devas skribi pri malĝojiga kaj doloriga afero. 
La spirado de Maa malfortiĝis kaj rapidiĝis pli kaj pli de la 6a vespero kaj de tempo al temop falis en komaton. 




夜11時ごろまで時々抱っこしたりなぜたりすると、気が付いて弱々しくなぜなぜの催促をしていましたが、
朝私が起きたときにはもう息がありませんでした。雨が降る未明に旅立ったようです。20歳と5か月でした。

Mi fojfoje portis en la brakoj kaj karesis Maa-n ĝis ĉ. la 23a horo, kaj ĝi malforte petis pluan karesadon,  
kiam ĝi vekiĝis, sed kiam mi vekiĝis matene, ĝi jam ne spiradis.    
Supozeble Maa forpasis nokte, kiam pluvis.  Ĝi havis 20 jarojn kaj 5 monatojn. 


ブーの時と同じようにベッドに寝かせ、大好きだったウインナー、Kカンのレトルト、マタタビの枝
それに歯形がいっぱいついた愛用のボールをそばに置きました。

Same kiel al Buu mi kuŝigis Maa-n en sian liton kaj apuden metis ĝiajn ŝatatajn korbaseton, malsekan nutraĵon,  branĉeton de aktinidio, kiun la kato amas, kaj la pilkon kun mordospuroj de Maa. 




そして、庭に咲いていたラベンダーと娘から預かっているミニバラを一輪ずつ加えた小さな花束を添えました。

Plie mi donis florbukedon kun po unu blanĉeto de lavendo, kiu floris en la ĝardeno,
kaj de la rozeto, kiu estas deponita al mi de mia filino.




亡くなる直前に娘がお見舞いに来たし、そのあと私が抱いて二階の部屋をまわりましたが、マーにとってきっと最後のいい思い出になったことでしょう。
息子からもお悔やみの電話が来たし、こうしてみんなにかわいがられて一生を終えられて幸せだったとおもいます。

Al mi ŝajnas, ke Maa povis havi la lastan bonan memoron, ĉar la 6an mia filino venis kaj post tio Maa vizitis de ĉampro al ĉambro sur la unua etaĝo portate de mi.  Ankaŭ mia filo telefone esprimis malĝojegon.  
Kredeble Maa estis feliĉa, ĉar ĝi estis kore amata de multaj homoj ĝis la fino de la vivo. 


そして昨日は大急ぎで病院から帰宅してから、思いがけなく駆け付けてくれた娘とともに火葬場へ行きました。

Kaj hieraŭ hastinte hejmen de la hospitalo mi vizitis kremaciejon kun mia filino, kiu neatendite venis por helpi min. 


ところで今日はオカリナのレッスン日でした。
練習不足で心配したけれど先生も事情を分かってくれて充実した時間を過ごせました。
マーがいなくなって心にぽっかりと穴が開いたようですが、オカリーナに救われた思いです。

Nu hodiaŭ mi havis lecionon de okarino. 
Kvankam mankis ekzercado pro la afero, la instruisto komprenis tion kaj mi povis havi fruktodonan tempon. 
Perdinte Maa-n mi sentas, ke la koro estus fariĝinta vaka, sed mi estis ĉerte savita de okarino.  


これまでマーの記事を読んでくださった皆さんに心から御礼を申し上げます。
また、たくさんの励ましの言葉をありがとうございました。

Mi elkore dankas vin, ĉar vi legadis la artikolojn pri Maa kaj sendis al ni kuraĝigajn vortojn. 

 

スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday
  • 23:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    読んでいてまた泣けてしまいました。
    普段離れて暮らしていた私でさえこんなに辛い別れ、こはる母の淋しさは計り知れないでしょう。

    火葬場に見送った日の夜はちょうど仲秋の名月でしたね。米沢は快晴でした。綺麗な月夜を見上げながら、今頃きっとブーに再会して、一緒に何処かでこの月を見ているはずだと思っていました。

    20年5ヶ月、苦楽を共にしながら最期までマーらしいままでいてくれたこと、母のそばにいてずっと癒しと励ましを与えてくれたこと、悲しいけど感謝の気持ちでいっぱいです。

    元気だして、とは言えません。
    辛い時はいつでも連絡して下さいな。
    • 西の娘
    • 2014/09/10 3:40 AM
    忙しい中最後に来てくれてありがとう。
    すごく助かりました。
    納骨の時もよろしくね。

    マーは本当に手のかからないいい子でしたね。
    もう家ににゃんこはいなくなってしまったけれど、いきなり何にも無くなってしまうのは残念なので、残った品々はいおい片付けるつもりです。

    今日はお骨を引き取りに行きます。


    • koharu
    • 2014/09/10 8:35 AM
    マーちゃん、看取ってもらってよかったね。

    いずれ来るとはわかっていても、やっぱり来るとつらいですね。
    お悔やみ申し上げます。

    私も、だんだん弱っていく母を見ていると疲れます。(精神的にも肉体的にも)
    • kaitjn8
    • 2014/09/10 9:41 PM
    kaitjn8さん、お悔やみをありがとうございます。

    最後の最後はそばにいませんでしたが、できるだけのことはしてやれたように思いますので今は悔いはありません。

    慣れた場所で静かに時を過ごしたし、きっとマーも満足して逝ったと思います。

    お母さんを看ておられるとのことですが、ご本人は愛する家族がそばにいるだけで安心しておられることと思います。

    確かにそばにいる者にとってはつらいことですが、ご自分の御身体にも気を付けて頑張ってください。
    • koharu
    • 2014/09/11 9:40 AM
    昨日、コメントをいれたり、消したり・・・・

    マーちゃん、koharuさん、お疲れ様でした。

    しばらくは思い出して涙が流れますね。
    娘さん、息子さんにも可愛がられた結果、悲しんで
    いらっしゃるご様子で、お互いに良い思いをして良かったです。
    マーちゃんも幸せでしたね。
    • hi
    • 2014/09/11 7:31 PM
    hiさん、おはようございます。

    慰めの言葉をありがとうございます。

    みんなに思われて寿命をまっとうしたマーは幸せだった、とあきらめの気持ちがある反面、ふとした時に思い出してはついウルウルしてしまいます。
    人間も動物も、永遠の別れとはこんなもののですね。

    すごく静かな生活になってしまいましたが、ほかのことに目を向けたりして楽しみを見つけていきたいと思っています。
    hiさんはじめ、WM連の皆さんのブログも楽しみにしています。
    • koharu
    • 2014/09/12 9:34 AM
    忙しくて暫くブログを拝見できなかったので、今頃マーちゃんの昇天を知りました。心からお悔やみ申し上げます。天国で幸せにしているのですから、こはるさんも元気になって下さいね!それが一番マーちゃんたちの喜ぶ事なのですから。。。
    • Sayuri
    • 2014/09/19 6:21 PM
    マーちゃんは,きっとわたしの身代わりに。

    ありがとう。
    • MOTOGEN
    • 2014/09/21 7:52 PM
    Sayuriさん、お悔やみをありがとうございます。

    自分では悲しみを克服したと思っていても、ふとしたことで思い出してはしんみりしてしています。

    出かける時にはニャンコのご飯、お水は?とつい思ってしまうし、帰ってくればいつもいた場所に目が行ってしまうし、台所へ向かえば餌を置いてあったところにマーがいるのでは?と思ってしまったり…。

    時間がたつのを待つしかないですね。
    • koharu
    • 2014/09/21 8:11 PM
    MOTOGENさん、治療お疲れ様です。
    コメントをありがとうございます。

    マーは皆さんにいつも元気で!と応援したもらっていましたが、寿命には勝てませんでした。

    MOTOGENさんはまだ若いのですから、頑張ってくださいね。

    • koharu
    • 2014/09/21 8:14 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM